ママもキッズも笑顔になれる、2018年の子連れ向けイベント

お子さんと迎える2018年の夏休み、どこに行こうか何をして遊ぼうかワクワクしますね。小学生の子どもがいる筆者が今年の夏にぜひ行って欲しい、おすすめのイベントをご紹介します。長い夏休みに素敵な思い出を宿してくれますよ。

ディズニーランドの夏祭り

7月10日から9月2日まで開催されるのが、ディズニーランドの夏祭り。「えっ?ディズニーランドの夏は暑くて、子連れには辛そう」なんて引かなくても大丈夫。夏祭り開催期間は、園内のいたるところで巨大な水しぶきがあがり、意外にもクールな時間を過ごせます。

アイスやソフトクリーム、かき氷などのワゴン販売も増えるため、小さなお子さんを連れたママやパパも快適な夏を過ごせますよ。ちなみにディズニーランドでは、提携するホテルに宿泊すると「15分みんなより早く入れる」アーリーパスポートが付いてきます。ひと足お先に最新のアトラクションを体験できるためおトクです。

http://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/summer2018/tdl/

ハウステンボスのウォーターパーク

最近めきめき進化を遂げているハウステンボス。花と風車のイメージがありますが、真夏の期間もファミリーで充分楽しめます。今年の夏ぜひ体感して欲しいのが、園内に完成した4つのウォーターパーク。スリル満点のロングスライダーをはじめ、小さなお子さんが遊べるチャプチャプ池、海上に設置された水上アスレチックなど、豊富な遊びをおこなえます。

ガーデンプールにはプライベート感の高いコテージがあるエリアもあり、まるでハワイやグアムの高級リゾート感にひたることもできます。夜は水風船が浮かんだナイトプールも楽しめるため、近隣のホテルを予約してお昼寝を間にはさみながら昼&夜の水遊びにチャレンジするのがおすすめです。

https://www.huistenbosch.co.jp/event/summer/

USJのサマーフェスティバル

大阪の夏を熱く盛り上げてくれるのが、ユニバのサマーフェスティバルです。巨大水鉄砲を片手に、キュートなミニオンズたちと陽気な時間を過ごせます。全身びしょぬれ確定のこのアトラクションは、濡れても良いTシャツやラッシュガードなどラフな服装で臨むのがおすすめ。家族みんなで涼を呼び込むことができますよ。

http://www.usj.co.jp/summer2018/water/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ